オタク業界をビジネス的な目線で見てみた

オタク業界をいろんな角度で見て書いてみたり。自分の好きなもの近辺の話をしてみたり。時には婚活してみたり。

女子オタク(腐女子)が使った婚活ツールについて/番外編

 

 

街コンやらパーティーやらの体験談は、下記のリンクから。


オタクの婚活 - オタク業界をビジネス的な目線で見てみた

 

  そろそろ人恋しい季節になりました。f:id:flower_k:20141122112619j:plain

 

なんだかんだと活動を続けております。

アエルラとすっごい相性がよくないのが分かったので、もうやめようと思いますw

アプリ>街コン>パーティーくらいなようで。

 

さて、アプリの話をしましょう。実はFacebookアプリで一度彼氏ができてます。

3か月持たなかったけどww

唯一の成功例なので、その話をしようと思います。

 

私は、これまで出会い系アプリというものを使ったことがあります。

ここだけの話ですが。

大体、「ヤリ目」といわれる体の関係狙いのものが大半でございます。

そういうのは、やっぱだめだなぁーと思って、mixiオフとかそういうのを中心に動いていました。

そうこうしている内に、時代はFacebookFacebookと連動する出会い系アプリがあるとのこと。

仕事をWebサービス系をやってるので、研究もかねてイン。

 

使ったアプリは、次の2つ。

広告に出てきてたので、それをクリックしました。

Omiai - Facebookで安心安全に出会える日本初&最大級の恋活アプリ、登録無料

pairs(ペアーズ) - Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービス

 

男性が月額で4000円も払う必要があること

女性が無料(当時。現在は、Omiaiについては20代までに登録したら永久無料です)

 

 比較してみました。

年齢層

pairsの方が若い。20歳くらいの大学生からいる。Omiaiと並行して使ってるだろうな、って人が多い

 

真剣度

Omiaiの方が高そうです。

関西の同級生が、Omiaiで彼氏を見つけて同棲してます。

 

会えるの?

Omiaiで2か月に1回ペースで会ってました。

中には毎週会ってくれたけど、彼女できたわ!って金融関係のやつとか

1回会って、さよならーとか。

一緒にドライブいったのに、こちらからまた連絡しまーす、のままフェイドアウトとか。

つまり、Omiaiメインで活動なのですが、だらだらやってると、むかーーーし連絡しててメールがめんどくさくなって留めてた人が、数か月ぶりに連絡してきたりとかめんどくさいとこもあります。

 

一応、ネット弁慶なので人気会員となるみたいです。

そりゃそんだけ長く放置してたら、いいね数も溜まるわなw

半年前に一回、彼氏ができた時点でやめたけど2か月で復活したのには自分でも笑いました。

 

Omiaiとpairsで、オタク系の趣味で大丈夫なの?

むしろ、婚活パーティーとかでオタ系いくのより全然いいです。

男性で、そういうパーティーきてる人って本当のガチオタでいっちゃなんですが、無意識の中で理想やら女性に対するこだわりがあったりして、めんどくさい。

「同じオタクなら、戦えるかも」っていう希望があるからこそ、そういうのにいっちゃうんでしょうwと。

でもやっぱ、一般の婚活市場で戦ってる人の方が経験値は上だと思います。

オタ婚活のミソだよね、これって。と思っています。

FBアプリでオタク許容系コミュニティがほしいわ。

pairsのコミュも結局、オタク集まってますのコミュしかないし…

 

来週久しぶりにOmiaiの人と会ってきます

ネットつながりで会うことに抵抗なければ使えるアプリだと思います。

アニ街コンのレポをそろそろしないと。ヤバい。

ちなみに、連絡先は10人くらいゲットしましたよっと。

オタク婚活・恋活ならアニ街コン - オタク恋活・婚活のアニ街コン

オタクカルチャーの動向まとめみたいなメディアができたらしい

なにかを感じるものがあったので、話題にしてみよう。


ガリガリ

 

続きを読む

年間5回以上高速バスで移動する女が教えるたった一つのバスの選び方

往復だと6回じゃねーかwという突っ込みもございますが、最近は飛行機率もあがっているため、均すと年間で5回くらい移動をしています。

主に東京⇔大阪間を使って、ライブにいくときや帰省に使っています。

 

最近のバス事情の話から

最近は、すっごく安いか高くて快適かの2択になり始めており、選択がはなかなか難しいです。私の基準では8000円前後で3列の快適なものに乗りたいんですが、JRバスの11月からの改編で、8000円の3列シートがほぼ壊滅してしまいました。

下記のブログによくまとまっています。


JRバス新型車両「グランドリーム」の運行時刻表。無印「ドリーム」を置き換え。「プレミアムドリーム」はどうなる?

 

JRバスの3列シートは、充電設備がないが、早割だと6000円台で乗れて座席が選べるところが魅力的でした。それがなくなってしまったのが、本当に痛手です。

コスパ的には、ちょっとJRバスという選択肢が消えてしまったのでこれから地道にお気に入りバスを探す予定です。

 

さて、私が考えるバスの選び方のポイントです。

レッグレストがない4列シートは却下

いわゆるふつーの観光バスですね。あれは、もう苦行でしかないのです。学生でお金が本当にない人しか乗らないバスだと思ってもらって結構です。

ちなみに、JRバスの4列「青春エコドリーム」はすべてレッグレストがないです。

このブログの体験記がよくわかりますw

あと、エコドリームは、ブランケットもないです…ほんと最小限の移動手段ですね。


二度と乗らねぇ、青春エコドリーム号! - 高速バスに乗ろう。

 

逆に言えばレッグレストさえあれば、どうにかなります

どこの会社でも3列シートであれば、だいたいレッグレストとブランケットがついてきます。

160センチの私であれば、フットレストは使わずにレッグレストでいかに足を延ばせるか、で快適さが変わります。

おそらく170を超える男性は、座席間を考慮したほうがいいでしょう。

ウィラーバスとVIPライナーさんは、4列シートのレッグレストがあるバスを運行しています。ウィラーバスさんのは乗ったことが一度あるのですが、記憶の彼方なので年末に乗る予定を作りましたので、またまとめたいと思います。

 

さらに快適さを追求するには、座席閒の距離よりも座席幅

座席間は、基本的に広い方がいいですが、広いと何がいいかというと「後ろに思いっきり倒せます」 これになります。

そこそこでも寝れるやーって人は、それよりも座席幅に注目してください。

座席幅が広いと橫になって寝れます。

私は、普段橫になって寝る人なのでこれは大きいんです。

座席幅が小さいと、ほんとあおむけで固定されてしまいます。寝返り打てたもんじゃないですw

あと、角度ですがめいっぱい倒すことはほとんどできないので、あんまり気にしてません。

角度よりも座席間距離が、ものをいいます。

 

その上で、おすすめのシート(のっとバス会社を紹介していきます)

東京大阪間のおすすめシート

JRバス:プレミアムドリーム「スーパーシート

座席幅:52.5cm

価格帯:9000円くらい(休前日)

列数:(基本的に)11列

備考:充電設備付。1+2列型。トイレ付で休憩少な目。2列の窓側はほぼ出てこれない。

 

今度のグランドリームも同等っぽいです。このレベルだと余裕でごろごろできます。

 

ウィラーエキスプレス リラックス(旧)

座席幅:46cm

価格帯:8000円以下くらい(休前日)

列数:9~11列

備考:4列。充電設備付なのもある。すっぽりかぶった屋根みたいなのがある。

リラックスシリーズ - シートタイプのご案内|高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVEL

(今度、これのNEWに乗るんですが、座席幅44というのを今見て不安になっておりますww寝返りできないなぁー)

 

VIPライナー グランシア

座席幅:46cm

価格帯:7000円~8000円くらい(休前日)

列数:8列

備考:4列。充電設備付もある。2人席の間にカーテンあり。


千葉⇔なんば | グランシア|高速バス・夜行バス・深夜バスの予約はVIPライナー

これ、コスパよさそうなので、今度チャレンジして問題なければここに定住にしようかと思っております。繁忙期は、9000円超えるのでナシ。

ウィラーは神戸便あるんだけど、これないのがなぁ…

あとは、思いっきり倒せると思うので、そことの兼ね合いですね。

 

 

ウィラーエキスプレス スリーパー

座席幅:47cm

価格帯:8500円~10000円くらい(休前日)

列数:?列(たぶん10列?)

スリーパー - シートタイプのご案内|高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVEL

(これは結構狭かった記憶。これに1万はない。JRバスのほうがいい)

 

VIPライナー プルメリア

座席幅:47cm

価格帯:8000円~9500円くらい(休前日)

列数:10列


大宮⇔なんば | プルメリア|高速バス・夜行バス・深夜バスの予約はVIPライナー

(これもそこそこ快適だったかなぁ~)

 

 

割と最近は、ずっとJRバスだったので改めて調べてみましたが、JRバス以外は割高感があります。今度4列でチャレンジするので、スーパーシートに勝てるか勝負です。

今度グランドリーム乗ってみたいなぁ。。