オタク業界をビジネス的な目線で見てみた

オタク業界をいろんな角度で見て書いてみたり。自分の好きなもの近辺の話をしてみたり。時には婚活してみたり。

二次創作BLにおける幸せのカタチ

この記事を書くきっかけ。


この前の記事「[「ホモが嫌いな女子がいない」3つの理由 ┌(┌ ^o^)┐ホモォ - オタク業界をユーザー目線からみてみた。」のはてブコメントでこんなのをいただきました。

だからその理屈じゃ女体化や妊娠出産が好きな女子を説明できないってお母さん何度も言ったでしょう!


前回の記事は、どちらかというと「商業BL」をイメージして書いたものでした。
ですが、このコメントを書かれた方は「ホモ=二次創作BL」をイメージされてのコメントではないでしょうか。
(ちがったらすいません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)


さて、「女体化や妊娠出産」となりますと、それホモじゃなくない?というのが素直な気持ちです。
商業BLでは、女装はあっても最初から女子なら、それ少女漫画じゃん、、、と。
(「革命の日/つだきみよ著」も少女漫画だ。一応。)
この趣向は、原作で確固たる「男キャラ」がいることが、成立条件だと考えます。


じゃあ、なんで「女体化や妊娠出産」ネタが好きなの?というのを書いたのが
この記事になります。


二次創作BLの根底にはキャラ愛と女キャラへの嫉妬


まず、二次創作BLの成り立ちを考えます。
とあるキャラが好きになります。そのキャラが、女キャラとくっついたりするとします。


正直、嫉妬するんですよ!
私の大好きなあの男は、あんな女を選ぶのかと!!!

(これがノーマルでのカップリング論争に発展します)


男女両方のキャラが好きな人は公式で十二分でしょう。
ですが、中には女キャラを好きになれない人もいます。
好きになるのは男キャラばっかり。。。


そんなあなたに二次創作の世界!!うぇるかむ!!


だって、好きな男キャラ同士がくっついたら、嫉妬しないで済むんです。


二次創作BLで、幸せを追及した結果が「女体化や妊娠出産」


そうしてくっついたキャラ同士。
だんだんと、好きなカプには幸せになってほしい!という気持ちが大きくなっていきます。


幸せってなんだっていうのを考えてみたときに、女子脳は「結婚」や「妊娠」という象徴的なものがわかりやすい訳です。
男同士である以上は、叶えられないモノなんです。
けど実現させるにはそう「女体化」で、全部解決です。


「元は大好きな男キャラ」という概念に萌え、好きなキャラが幸せになるです。
これで、みんな幸せです。よかったよかった。


つまり、なんだ。

みんなみ〜んなしあわせにな〜れっミ☆
  *``・*+。
 |   `*。
 |     *。
 。∩∧ ∧   *
+   (・∀・ )*。+゚
`*。 ヽ  つ*゚*
 `・+。*・`゚⊃ +゚
 ☆  ∪~ 。*゚
 `・+。*・+ ゚
広告を非表示にする